教育学部 幼稚園コース

教育学部

リアルな保育現場で自ら学ぶ

小学校コース同様、幼稚園コースも1年次から現場を体験しながら、
幼児教育者としての将来を考えていきます。
保育士資格のほか、4年間かけて各種資格取得も支援。
正課だけでなく、正課外のプログラムも充実しており、
経験豊富な教員が指導にあたります。
小学校コースとの共通科目で、小学校教諭の道を目指すことも可能です。

幼稚園コースの特徴

年生大学でしかできないゆとりのある学びで豊かな人間教育を実践できる先生を育成
point01

4年生大学でしかできない
ゆとりのある学びで豊かな人間教育を
実践できる先生を育成

幼稚園教諭免許は短期大学や専門学校でも取得できますが、4年間かけて学び、現場体験や実習で色々試み、幼児から学ぶという姿勢で、教育者としての自覚を育み、専門職に必要な能力を身につけます。

幼稚園教諭以外にも豊富な、教諭免許が取得可能
point02

幼稚園教諭以外にも豊富な、
教諭免許が取得可能

小学校コースと共通開講の科目があり、幼稚園教諭一種免許状と小学校教諭一種免許状が取得可能。また提携大学の通信課程を受講することで特別支援学校教諭一種免許状も取得できます。

1年次からの豊富な現場体験で実践的なスキルを身につける
point03

1年次からの豊富な現場体験で
実践的なスキルを身につける

これまでの指導ノウハウを活かし、カリキュラムは現場体験を重視。入学後2か月目から行う「学校ふれあい体験(幼稚園)」をはじめ、4年間かけて現場で学ぶことで実践的なスキルを身につけていきます。

正課科目+ 課外プログラムで保育士資格の取得も支援
point04

正課科目+ 課外プログラムで
保育士資格の取得も支援

卒業と同時に取得できるのは幼稚園教諭一種免許状や小学校教諭一種免許状ですが、加えて法定資格である保育士の資格取得も支援します。保育士資格を有している教員が丁寧に指導にあたります。

4年間の学び

1年次 教養科目で幅広い知識を得る。現場体験もスタート

教養科目で幅広い知識を得る。
現場体験もスタート

入学2か月後から「学校ふれあい体験(幼稚園)」として幼稚園へ出向き、園児とふれあうことで、幼児教育者としての自覚を培います。早期に現場体験を行い、リアルな子供たちの様子を知ることで、その後の座学の学びへの理解も深まります。

2年次 現場体験の継続。保育士資格取得のための学修も

現場体験の継続。
保育士資格取得のための学修も

「学校教育研修(幼稚園)」で現場体験を深め、教育者としての知識や技能を培っていきます。現場体験によって自分の課題を見つけることで、3?4年次のより深い学びにつながっていきます。

3?4年次 本格的な実習開始。多様な幼児教育現場を経験しながら卒業後の進路を考える

本格的な実習開始。
多様な幼児教育現場を経験しながら
卒業後の進路を考える

これまでに修得した知識や実践力を活かし、「幼稚園教育実習」として3年次に2週間、4年次に2週間、幼稚園での実習を計4週間行います。インターンシップでは、多様な幼児教育現場を見ながら卒業後の進路を考え、就職活動を行います。

  • 基礎演習(1、2年次)

    一般教養、発表力を身につけ教員になるための基礎をじっくり学びます。

    「基礎演習」では読む、書く、調べる、発表する、議論するといった知的スキルを養い、自ら課題を発見しアプローチしていくための基礎を身につけます。

    ここで学ぶ知識や技術は保育士試験や教員、地方公務員(保育士)採用試験の対策にもなっていることが特長で、複数の教員により丁寧な指導が行われます。

  • 専門演習(3、4年次)

    より専門的に考える力を養います。

    教育学部では3年次より専門演習でゼミナールが始まります。

    基礎知識を継続的に学ぶ講義とは異なり、より専門的なテーマについて深く追求していきます。

    1、2年次の「基礎演習」「教育学総合演習」で積み上げた力が活きてきます。

RELATED LINK

ページトップへ